『フィルム』星野源 2nd EP 日々の生活のリズムに寄り添う曲たち

この『フィルム』は星野源の2ndシングルとなります。

2012年2月8日リリース

M-1 フィルム
M-2 もしも
M-3 乱視
M-4 次は何に産まれましょうか(House ver.)
M-5 落下(House ver.)

2ndシングルは1stに続き、またまた5曲収録です。

created by Rinker
Speedstar (victor)
¥1,121 (2020/06/06 02:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

M-1「フィルム」

3rdアルバム『Stranger』収録。

映画『キツツキと雨』の主題歌として作られました。

イントロのギターの音色がむっちゃ好き。

そして、この曲のリズムがちょうどいい。

”ゆったり”といえば、少しゆっくりすぎる気もするし、なんでしょうね…。

ちょ〜〜〜うど。ジャスト。

たぶん、私が生きているスピードが、日々の生活を送るリズムが、この曲のBPMくらいの体感速度なんだと思う。

自分の人生、生活にぴったりと寄り添ってくれる曲がこの世にある素晴らしさ。

源さん、ありがとう。

このゾンビが生活に溶け込んでるPVがね、また好きなんだ。

M-2「もしも」

俺なりのR&B。

俺なりのディアンジェロです。

『働く男』星野源

というように、R&B調の…ってホントか!?笑

「俺なりの」って部分が大きいと思う。

そここそがオリジナリティということだと思います。

この曲の速さ、BPMもまた自分にジャストフィーットっ。

今の作風だとR&B要素は、あるのが大前提みたいなもんになってますが、こん時はまだ風味くらいで、ほのか〜に香ってくるくらいで。

4時間目の教室に漂ってくる給食の匂いくらいに、ほんのりほのか〜に漂う程度で、それはまたそれで魅力的なのです。

M-3「乱視」

この曲はこれまでにリリースされていた1stアルバム、2ndアルバム、3rdアルバム、1stシングル、どれにも似ないような、ギターロック調の曲。

と言ってもそんな激しくはない。

ウィーザーのおとなしい曲って感じ?

なにしろこのギターロック調はめずらしいので聴いててちょっと嬉しい。

でもサビでいつもの源さんに戻る。リズムを刻むギターのリフとかでそう感じる。

で、2番になってまたギターロック調に戻る…んだけど、やっぱり普通のギターロックとしてはもう聴こえてこない。

もう”星野源”ならではの曲になる。

M-4「次は何に産まれましょうか」(House ver.)

出た!

私が大好きな(House ver.)!=宅録ヴァージョン!

自主制作盤『ばかのうた』に入っていた曲を宅録で録り直したそうです。

そんなわけで(House ver.)とはいえ、メジャー・リリースではこのヴァージョンのみリリースされています。

私が(House ver.)が好きな理由は、ズバリ、1人でアコギで弾き語りをしているから、です。

どんなアーティストでも1人で弾き語りしているヴァージョンを聴くの、好きなんですよねぇ。

そこにそのアーティストの本質が出ちゃうようで。

なのに私ときたら ふら ふら ふら

のとこの転調がたまりませんね。

M-5「落下」(House ver.)

出た!またまた(House ver.)!

詩は試作のような感じもしますが、やはり大好きな(House ver.)ということで聴き惚れてしまいます。

源さんの(House ver.)=宅録のアコギ弾き語りヴァージョンは、なんともさみしげというか、心細げというか、こう「1人!」って感じが出ててとてもいいですね。

そんなわけで、この時期はまだまだ1sアルバムや2ndアルバムのフォーキーな星野源の作風が聴けます。

今のネオ・ソウル、エレクトリック・ポップ寄りの作風とはまた違った魅力が味わえますので、未聴の方はこの機会にいかがでしょうか。

created by Rinker
Speedstar (victor)
¥1,121 (2020/06/06 02:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング