Official髭男dism ニューアルバム『Traveler』7曲先行配信!果たしてその中身とは?

Official髭男dism『Traveler』詳細

Official髭男dismの2019年10月9日メジャー1stアルバム『Traveler』が発売されます。

そしてアルバム全14曲に対して、Apple Musicでは既発曲含む7曲が、アルバム発売に先行して配信されました。

 
 

モスコ

アルバムの半分もの曲をまとめて先に聴けるっ!

 
 

もちろん、あの人気曲「Pretender」「宿命」も聴けます。

 

Traveler Official髭男dism

2019年10月9日リリース

【Amazon.co.jp限定】Traveler[通常盤](A4クリアファイル[Amazon.co.jp ver.]付き)

M-1 イエスタデイ(映画『HELLO WORLD』主題歌)
M-2 宿命(2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマ・ ソング)
M-3 Amazing
M-4 Rowan
M-5 バッドフォーミー(テレビ大阪・BSジャパン深夜ドラマJ『グッドバイ』主題歌)
M-6 最後の恋煩い
M-7 ビンテージ(フジテレビ『あいのり:African Journey』主題歌)
M-8 Stand By You
M-9 FIRE GROUND(TVアニメ『火ノ丸相撲』OPテーマ)
M-10 旅は道連れ(SUZUKI「スイフト」CMソング)
M-11 052519
M-12 Pretender(映画『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』主題歌)
M-13 ラストソング
M-14 Travelers

曲目で赤文字の曲が、今回Apple Musicで先行配信されている曲です。

シングルやそのカップリング曲としてお目見えしていた曲が多く、音源として初めて出たのは「イエスタデイ」のみとなります。

それにしても怒涛のタイアップ曲が詰まったアルバムですね。

今のヒゲダンの勢いを象徴していて、大変気持ち良いです。

以下『Traveler』先行配信曲、全7曲の感想でっす!

M-1 イエスタデイ

2019年9月20日公開(今週の金曜!)のアニメーション映画『HELLO WORLD』の主題歌。

ヒゲダンの曲らしく、また映画の主題歌ということもあって、映像が目に浮かんでくるようなスケールの大きさを感じさせる曲。

その曲の世界にどっぷり入り込まされるような力が、彼らの曲にはあるんですが、この曲はその最たるもの。

アルバム1曲目にばっちし、ツカミはオッケーのヒゲダン節溢れる曲!

M-2 宿命

今年の高校野球の応援ソングになっていましたね。

今年の夏休み、この曲と「Pretender」は、プールで、遊園地で、町のどこかで、とよく聴こえてきました。そのことがどこか嬉しく、ちょっぴり誇らしくすら思ったりして。

ニューオリンズ風ブラスもいい味出してるこの曲。

とにかく構成とかメロディとか歌詞とか、うまいよねぇコレ。

歌詞で好きなのはココ

「大丈夫」や「頑張れ」って歌詞に

苛立ってしまった そんな夜もあった

J-Popのドメジャーに位置していこうというグループが、こんな真っ当な本音を、ちゃんとしたメロディで曲として歌っている、ということにアツくなります。

そうでなくてもね、この曲を聴くと、アツくなるんですよ。

一瞬にしてあのジリジリとした今年の日差しが目の前によみがえってきます。

モスコ

今年の夏は、ホント…暑かったな。

M-3 Amazing

この「Amazing」という曲はシングル「Pretender」のカップリング曲としてリリースされたものと同じ曲です。

 

囚われたため息からの脱走を

作られたイメージへの反抗を

小手先より腕いっぱいの大爆音

ってとこが頼もしくっていいなぁと思う。

こういうちょっとリフがキャッチー&不穏な感じのノリのいい曲はヒゲダンのお得意路線。

「ノーダウト」を思い起こさせる曲です。

M-5 バッド・フォー・ミー

今んとこ、コレがいちばん好きだなー!

2枚目のシングル『Stand By You』のカップリングとして初リリースされた曲です。

この曲はねぇ、ロマンチックな予感がするようなメロディもいいんだけど、それ以上に歌詞がすこぶるいい。

ヒゲダンお得意の片思い、しかも叶わないので捨てちまいたいのに忘れられない的なヤツで。

あっと あっという間に 全然タイプじゃないのに

ときめきが浪費されていく

とかうまいんだよなぁ。

しかもYouTubeのコメント欄にてどなたかが書いてらしたけど、この

あっと あっという間に  と

Bad For Bad For Bad For Me  とが韻踏んでるってゆーね!

笑っちまうほど 夢見がちなのさ

君に会ってから 余計にひどくなったな

(略)

季節外れの装いに 悲しみがフィットした微笑み

きっと藤原聡はこの立ち位置でしばらく名曲を描いていくのだろうと思います。

てか、そうであって欲しい!

片思いで女の子に恋に焦がれて、憧れ焦がれて、でもぜんぜん笑ってしまうほどかなわない。片思い中の切なさややるせなさやどうしようもなさが全開の立ち位置、キャラの歌詞。

そしてそれを体現する藤原聡の切ない歌声。

オフィシャルでも歌詞ver.のビデオが作られてるんだから、やっぱこの歌詞一推しなんだと思う。

すばらしい。

M-8 Stand By You

2枚目のシングルとして、2018年10月にリリース。

ノリも歌い方もファンク風でねちっこくてコクがありますね。

どんなに凄い賞や順位より

君のそばに居られることが1番誇らしい

突如裏声になるところも、随分高い音なのに難なく歌う藤原聡のヴォーカルの魅力を味わうことのできる曲。

で、またこの突如超高い裏声のとこ、ちょっと中村一義を思い起こさせたり。

声もちょっと似てるのよね。

あっちはローファイなトッド・ラングレン、こっちはハイファイなトッド・ラングレン、みたいな。

アルバムの中でも結構、愛聴していく曲になりそうな予感。

M-9 Fire Ground

2枚目のシングル『Stand By You』のカップリングとして初リリースされた曲です。

曲のタイトルがレッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Higher Ground」に目配せをしている通り、こっちはさらにファンク味が濃い。

1つとしてアドバンテージなんてない

「向いてない」「センスない」誰もがそう言って笑ってる

なんて事ない ビビる必要はない
結果1発で180度 真っ白な歓声に変わるぞ

と、このポップの歴史の土俵に上がった心意気みたいなものが歌われます。

熱血ド根性 満身創痍のロックンローラー YEAH

誰ぞにけなされたそのセンスで 常識を作り変える

こんなこと言うんだから、頼もしいじゃない。

いや、彼らはこれからほんとに変えていくと思いますよ、J-Popの常識を。

M-12 Pretender

そして至福の名曲M-12 「Pretender」がくるのでありました。

まーこの「Pretender」の名曲っぷりよ。

何ヶ月経ったところでびくともしやしない。

2019年という年に発表された、”令和最初の名曲”と勝手に命名!

 

「Pretender」に関しての詳細記事はこちら

Official-HIGE-DANdism-Pretender Official髭男dism新曲 Pretender は大勝負に見事に勝ち切った!ブラボー!

 

このアルバムのラストの方(最後から3番目)で聴くと、より一層堂々とした名曲ぶりに惚れます。

しかし、いやぁ………いい曲!(ため息)

 

 
 

というわけで、Official髭男dismのニュー・アルバム『Traveler』の先行配信曲を聴いています。

どの曲もクオリティと魅力が高い!

これは残りの曲も間違いないハズ!

10月9日、アルバムとして聴いた時の感動がどんなものなのか、楽しみであります。

 

 

このあと、アルバムの残りの曲のこと、アルバム全体の感想を書きました!

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング