『Same Thing (feat. Superorganism)』あたらしい星野源、はじまりました。

”あたらしいこと” が始まろうとするとき、いつでもわくわくします。

それがポップ・ミュージックで起ころうとするときは特に。

星野源。

1123日の上海公演からスタートする POP VIRUS World Tour を前にして、どんどんあたらしいことを始めようとしています。

インスタを新しく始めたり、Apple Musicで全楽曲解禁、同じくApple Musicのラジオ番組Beats 1 で自身の番組「Pop Virus Radio」を放送したり

 

そして極め付けが、他のアーティストとのコラボであるこの、突如としてApple Muiscで配信された楽曲。

Same Thing (feat. Superorganism)』

源さん自身がはっきりと”あたらしいこと” をしていくことを自身のインスタで表明しています。

 

View this post on Instagram

『Same Thing』EPのこと。  今年の3月10日、ドームツアーが終わったその瞬間。1stアルバム『ばかのうた』の制作からずっと続いてきた自分の音楽が、一つのゴールを迎えた感覚になりました。それまでの活動すべてを注ぎ込んだアルバム『POP VIRUS』の制作、その名を冠した5大ドームツアーをすべてやりきった瞬間、強烈な達成感や嬉しさと共に、自分のモードがガチャリと音を立てて変化するのを感じました。  今まで、様々な音楽に影響を受けながらも真似ではない、日本人である自分のフィルターをしっかり通した「星野源の音楽を作る」という強い想いがありました。だからプロデュースも、作詞・作曲・編曲もすべて自分一人でやって来ましたし、コラボレーションも一切やってきませんでした。  それが、なんだか新しい風が吹くようにふと、「人と一緒に音楽を作りたい」「自分のフィルターと、愛する誰かのフィルターを重ね、そこに音楽を流し込みたい」。そんな想いに変化したのです。  出会いとは未来です。様々な素晴らしい人と出会うことで、僕は未来を切り開いて来ました。これからはさらにそこから国の壁をなくし、日本も世界も関係なく“近所”にする。そしてそこで純粋な音楽を奏でる。これが僕の今やりたいことです。出会いと繋がりの音楽を生み出していきたい。  『Same Thing』というEPは僕にとって、遊びであり、挑戦であり、音楽家としての叫びです。恐ろしいほどのワクワク感と共に「音楽人生、まだこんなに面白いことがあるのか」と楽しい刺激を常に感じながら制作した最高の4曲です。お楽しみに。  #SameThing #星野源

A post shared by Gén Hoshino 星野源 (@iamgenhoshino) on

 

 

第一弾として選ばれたコラボ・アーティストはスーパーオーガニズムSUPERORGANISM)。

スーパーオーガニズSUPERORGANISM とはどんなバンド?

イギリス、ロンドンを拠点とする8人組の多国籍バンド。

2018年にリリースされた宇多田ヒカル『初恋』収録の「パクチーの唄」のカバーをプロモーション企画として宇多田サイドから選ばれ、いちはやくカバーを披露していてました。

 

 

日本でも2018年から何度か単独ライブやフェスで来日済み。

今の時代を如実に表しているそのサウンドや日本人ヴォーカリストのOrono Noguchiのユニークなヴォーカルで人気を博し、あたらしもの好きな人、ハイプ好きな人にとっては既におなじみのバンドかもしれません。

そして今年4月2日には『星野源のオールナイトニッポン』にOronoがゲスト出演していました。

『Same Thing(feat. Superorganism) 』はApple Musicの独占先行配信

もうね、源さんファンは音楽のサブスクはApple Musicでもう間違いないと思いますよ。

全シングル全アルバム楽曲は、他のサブスクでも聴くことができます。

が!

  • Beats1のラジオ番組「Pop Virus Radio」
  • 星野源、Kanye Westの「ノー・ミステイクス」を語る(映像)
  • 星野源が「Pop Virus」について語る 予告編(映像)

といったコンテンツはApple Musicのみで視聴可能ですからね。

 

「Pop Virus Radio」について詳しくはこちら

 

そしてなにより、この『Same Thing (feat. Superorganism)』先行配信で聴くことができるのが Apple Music のみ、となっております。

10月4日の午前1時にこの曲がプレミア・オンエアされたのもApple Music Beats1の番組でした。

 

10月14には EP4曲 すべてリリースされます。

※10/14、他の3曲のことも書きました!

『Same Thing (feat. Superorganism)』詳細

『Same Thing』EP

まず、驚くことに全部英詞です。

星野源オフィシャルサイトで、英語詩、和訳、ともに全文掲載されています。

オフィシャルサイトの英語詩、和訳はこちら

EP Same Thing

クレジット(以下、オフィシャルサイトから引用)

Produced by Superorganism & Gen Hoshino

Lyrics:Gen Hoshino
Music:Gen Hoshino
English Translation:Superorganism
Arrangement:Superorganism

Vocal:Gen Hoshino, Superorganism
Background Vocals:Superorganism, Gen Hoshino
All Instruments:Superorganism

Recorded by Superorganism, Kosuke Abe
Mixed by Superorganism

核の部分は源さん自身が作っていますが、ガッツリ、スーパーオーガニズムと組んでクリエイトしていることがわかりますね。

英訳がスーパーオーガニズムとなっているので、源さんが作った元々の和訳の歌詞を、スーパーオーガニズムが英詞にし、それを歌っているということなのでしょう。

『Same Thing (feat. Superorganism)』サウンド

いや、とにかく今までの星野源の作品と全く異なるベクトルの作品です。

当たり前ですよね、本人がそれを望んで作ったのですから。

人と繋がっていきたくて、新しい風を吹き入れたくて、コラボレーションして作ったんですからね。

この調子で、『Same Thing』EPは他アーティストとのコラボ第2弾、第3弾と続いていくようです。

まずサウンドはスーパーオーガニズム色が濃く、打ち込みの音全開のポップなもの。

作詞作曲は星野源とあるので、メロディは源さん、後の色付けをスーパーオーガニズムが担当したのでしょう。

で、このメロディ。

覚えやすいし、シンプルだし、気がつけば口ずさんでいるような状態。

事実うちの小学低学年男子のちびすけも、3回くらい聴いたあと、すぐに鼻歌でうたっていましたw

子供心をくすぐる楽しさが音から出てるような曲なんですよね。

『Same Thing (feat. Superorganism)』歌詞・和訳

そして歌詞がまた秀逸。

みんなに言いたいんだ
Fuck youって
ずっと思ってたんだよ
心から愛を込めて

「楽しそう」って思うのも
「最悪だ」って落ち込むのも
どっちも同じことなんだ
それで大丈夫 それでいい

このサビに、この曲で源さんの言いたいこと、のすべてが集約されているように思います。

かなり混沌とした状況に置かれる中で、相反する最悪も最高も「おなじことさ」とうそぶいて、やりこめて、日々を少しでも楽しく生きていこうという決意みたいなものがあくまでポップに綴られます。

あと個人的に気になるのがこの部分

とりあえずカラオケでも行かない?
私がビルで 貴方がスカーレット
このヤバい歌を君に聴かせたいんだ
めちゃくちゃになろうよ

この、私がビルで 貴方がスカーレット

という歌詞のヤバい歌ってのがなんのことなのか知りたい。

ググってもそんな歌詞の曲は見当たらない(もちろん英詞でググりました)。

パッと聴きで思い出したのがウィーザー Weezer の大名曲「Buddy Holly」のこの部分。

Oh, wee-ooh, I look just like Buddy Holly
僕はバディ・ホリーにそっくりだし
Oh, oh, and you’re Mary Tyler Moore
君はメアリー・タイラー・ムーアに似てるよね

でもぜんぜん違う!笑

私(女)がビル(男性名)で、貴方(男)がスカーレット(女性名)ということで、性までもが相反せずに並列に語られていますね。

詳細は今後明らかになることはあるでしょうか。

10/20追記:ビル→ビル・マーレイ、スカーレット→スカーレット・ヨハンセン、あとカラオケシーンもあることから、映画『ロスト・イン・トランスレーション』のことを歌っていると他のサイトで指摘あり。

そっかぁ!気付かなんだ!(納得)

星野源 オフィシャルツイッターより

いかがでしたでしょうか。

星野源のあたらしい音楽旅行記。

最初こそ、星野源が歌う「英語のうた」にとまどうかもしれませんが、すぐこの曲の持つ楽しさ、アナーキーさ、ポップさ、開放性に打たれ、口ずさみ、身体を動かしていることでしょう。

『Same Thing』EPの他の3曲も楽しみです!

※10/14、他の3曲のことも書きました!



星野源のシングル曲について詳しくはこちら

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村

音楽ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です